WordPressサイトのドメイン&サーバーの移設の仕方

wordpress

余りないと思いますが、時折自分のサーバーで構築した後に移すことがあるので、備忘録も兼ねてWordpressの移行の仕方を紹介します。

 

1、データベースをエクスポートします。

サーバーなどに常設であることが多い、phpmyadminを使って、元のMySQLデータベースをエクスポートします。sqlファイルです。

ロリポップにはphpmyadminが入っています。この時、サーバーに何度かwordpressをインストールして消してしていると、データベースだけが残っていたりします。もう使われていないデータベースもそのまま形だけ残っていたりします。大概wp_とかwp2_ってなっていると思います。

どれが移設したいデータベースかわからないって時はwp_options.phpを確認します。wp2_options.phpかもしれませんし、wp3_options.phpかもしれませんが、この内容を確認すると、大概なんのデータベースかがわかるので、例えばWP3_options.phpが移設したいデータベースだったらWP3_とかかれたファイルを全てエクスポートしてください。

 

2、移設先サーバーに管理画面などからSQLデータベースを作ってください。

この時間違えやすいのが、Wordpressごと丸ごと移すのでWordpressはインストールしないでください。

 

3、先ほどエクスポートしたデータを移設先のサーバーにphpmyadminでインポートしてください。

インポートに失敗する場合はエクスポート時に小分けにして容量を小さくしてエクスポートし、それをそれぞれインポートしてください。

 

4、Wordpressファイルを元サーバーから、丸ごとダウンロードしてください。

wp_options.phpなどがあるディレクトリからです。なのでその一個上のフォルダからダウンロードしましょう。

 

5、アップロード前に書き換えをします。

wp-config.phpの中の

define(‘DB_NAME’, ‘****’);
define(‘DB_USER’, ‘****’);
define(‘DB_PASSWORD’, ‘****’);
define(‘DB_HOST’, ‘****’);

の***部分を移転先のMySQLデータベース情報に修正します。

 

6、移設先サーバーにアップロードしてください。

この時移設先ドメインの設定に注意してください。

http://移設先ドメイン.comに移設するとした場合、http://移設先ドメイン.com直下にアップロードします。http://移設先ドメイン.comにアクセスしたらhttp://移設先ドメイン.com/wp/が表示されるようにしている場合は、ダウンロードしたwordpressフォルダのトップフォルダ名をwpにして直下にアップロードしてください。

 

7、MySQLのドメインを書き換えます。

WordPress Serialized PHP Search Replace Toolでスクリプトをダウンロードします。解凍した後に、index.phpを適当な名前(indexxxxxx.htmlなど)に書き換えてwp_options.phpの階層と同じ箇所にアップロードします。

そしてhttp://移設先ドメイン.com/indexxxxxx.htmlにアクセスします。Search for欄に変更前ドメインを Replace with欄に変更後ドメインを入力し、 live runを押してください。

この時、 http://元のドメイン.comからhttp://移設先ドメイン.comへ変更する場合、最後に/をつけないほうがいいです。http://元のドメイン.com/のこの最後のスラッシュです。つけてlive runすると、リンクなどは最後にスラッシュがついていないことがあるので、その部分の変更がされなくなってしまいます。

 

8、アップロードしたWordPress Serialized PHP Search Replace Toolを削除してください。

これで移設終了。 後は元のドメインにアクセスした際に困らないように&Googleに通知するために元のドメインにリダイレクトしておけばOKです。 参考にどうぞ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です